フランチャイズニュース

デリバリーオンリーで伸びる

8ブランド その2

SBE Entertainment Group社 はC3「Creating Culinary Communities」をプランしており、近い将来に新しいフードホール(バーチャル)をオープンすると発表している。大手ブランドもバーチャルフードホールに積極参加しているトレンドを見落としてはならない。

続きを読む

デリバリーオンリーで

伸びる8ブランド「その1」

新しいフードホールはデリバリーのみの飲食ブランドをラインアップに加える傾向にある。その結果、消費者たちは複数のブランドメニューを一度にオーダーできるようになる。

続きを読む

コンテナを改造して

ドライブスルー店舗に

今、注目されているのは荷物運搬コンテナを転用するオプションだ。長方形の荷物コンテナは飲食店の代用にぴったりとされ使われる例は以前からあったのだが、このご時世になりひときわ関心が集まっている。

続きを読む

ゴーストキッチンの高まりと

コンタクトレス・デリバリーのインパクト

コロナパンデミック影響下で人同士の接触を排除するデリバリー「コンタクトレス・レリバリー」が急成長中です。イートインの客離れが進行する一方でゴーストキッチンが飲食業界の主役になろうとしている。

続きを読む

ゴーストキッチンが爆発的に成長する見通し:

プラントネーションがゴーストキッチンを追い風にする

イートインの選択肢が半永久的に制限されそうな状況下でゴーストキッチンのトレンドが広がっている。プラントベースメニューのチェーンとして知られるプラントネーションがゴーストキッチンにフルに参画するというので大きな注目を集めている。

続きを読む

猫が主賓のフランチャイズ

「ハッピーキャットホテル」

ビーチサイドのバンガローの一室、あるいはエッフェル塔を眺望するバルコニーで憩いの時間と空間を楽しめたら。どこにするかは客の好み次第だが、宿泊費はわずか1泊わずか$50の格安だ、ただし、客が猫だったらの話である。‍

続きを読む

バーガーキングがコロナ対策を盛り込んだ

未来型レストランを提示

バーガーキングが「Restaurant of Tomorrow」(明日のレストラン)を名付ける未来型レストランの全貌を今日発表した。コロナパンデミックによる消費者の変貌を色濃く反映する形になっている。この未来型レストラン第1号は来年マイアミにオープン予定だが、既存のバーガーキング店舗にも一部改修をするプランである。

続きを読む

美容業界はアイラッシュ効果で

売り上げ回復

コロナ禍によるマスク着用が義務つけられた結果、口紅の売上げが落ちてしまった。その一方でマスカラとアイラッシュのサービスが業績を伸ばしている。美容業界はこれを「マスカラ効果」、「アイラッシュ効果」と呼んで注目している。‍

続きを読む

Local Culinary が初めての

ゴーストキッチン・フランチャイズを立ち上げる

ローカルカルナリーが目指すビジネスモデル、それは1つのキッチンに50ブランドが展開される形だ。自らが「最初のゴーストキッチンフランチャイズ」と呼ぶビジネスがついにスタートする。

続きを読む

3社主催による「コロナ禍での米国進出実践セミナー」が

8月18日開催

I. Fujita International, Inc.、GRIT JAPAN株式会社 、クロスボーダー株式会社の3社共催によるオンラインセミナー「コロナ禍での米国進出実践セミナー」が実施される。日本時間8月18日午前10:30~12:00まで、東京、カリフォルニア、ニューヨークを中継しズームによるオンラインセミナーである。

続きを読む

マクドナルドが新しい試み

「ゼロエネルギー店」の全貌を明かす

7月10日の金曜日、マクドナルドは新たなフラグシップショップをウオルトディズニーリゾート(フロリダ州)に建設し、その全貌を発表した。世界に向けて発信する新スタイルのマクドナルドショップとなる。

続きを読む

米国吉野家が新任のマーケティング部長を迎え

デジタル戦略で業績アップを目指す

ブレーズピザ、サブウエイで辣腕を振るったキム・フリーヤのリーダーシップのもとに今や老舗ブランドとなった吉野家がデリバリー事業とロイアルティプログラム戦略を開始する。彼女ほどの適任は他にいないと言える。

続きを読む

ウーバーテクノロジー社が26億5,000万ドルで

ポストメートを買収

7月6日、ウーバーテクノロジーはデリバリー会社ポストメートを普通株式8,400万株を発行、26億5,000万ドルでデリバリー会社ポストメートを買収したと7月6日に発表した。その結果、ウーバーイーツとポストメートが統合するという巨大なデリバリーサービスがアメリカに誕生する。

続きを読む

コロナ規制は不可抗力、

賃貸料免除を認める裁定が初めて下る

裁判史上初めてと思われる裁決が下された。政府が出したコロナウイルスの蔓延防止に関する規制を不可抗力とみなし、賃貸料の無払いならびに他のリース契約上の義務を免除する裁定が為されたのである。裁判はイリノイ州北部地区の米国破産裁判所で行われた。

続きを読む

直近1年で最速成長を遂げた

トップ10ブランド

トップ200レストラン中で売上成長率1位に輝いたのはShake Shackチェーンである。NRN Top 200 dataによれば直近で年間売上増34.5% を記録した。

続きを読む

海外のフランチャイズ展開は

柔軟性が重要!

デービッド・シェンはデールカーネギートレーニングの加盟店オーナーとして上海/江蘇省と浙江省の地域を任されている。夏には従来の対面式トレーニングができると考えていたのだが、それも雲行きが怪しくなってきた。今後も引き続きオンラインクラスが加盟店の存続に不可欠と予想される。

続きを読む

スターバックスが直営店400を閉鎖、

テークアウトビジネスに戦略シフト

各方面のビジネスニュースで明らかなように、スターバックスは向こう18ヶ月の間にコロナウィルスに米国とカナダの直営店400店舗を閉鎖すると発表した。その一方で、モバイル注文を搭載した新しい「ピックアップ」ストアコンセプトの展開を加速させるとしている。

続きを読む

人種問題はタフな話題だが

避けては通れない

ミネアポリスで警官によるジョージ・ フロイド氏殺害事件が起きた後、人種問題の議論が全米に広がった。アメリカでは非常にセンシティブな、そしてタブー視されてきた大きなトピックに各界のビジネス指導者たちは向き合わざるを得なくなったのである。

続きを読む

クラブピラテスが6月中に新スタジオ

21ロケーションをオープン

外出自粛の解禁や緩和に伴い、世界最大のブティークフィットネス、クラブピラテスが6月中に21ロケーションをオープンする。ブティークフィットネスに対する関心の高まり、健康志向、免疫力の強化、このパンデミックに由来するストレス解消など様々な動機を背景にクラブピラテスは成長を持続している。

続きを読む

少額投資、立地探しが不要な

次世代レストラン「ゴーストキッチン」

コロナウイルス・パンデミック発生後、ゴーストキッチンへの注目がさらに高まっている。フランチャイズタイムズは2018年には早くも特集記事を掲載している。2年前と現在の姿を比べることでゴーストキッチンの現在をより正確に読者にお伝えしたい

続きを読む

警官によるジョージフロイド殺害の起きたミネソタで

黒人加盟店オーナーはどう対応したのか?

人種差別を許す会社があるとも思えないが、ステートメントを改めて発表する必要がないくらい明白なことだと思う。何を言おうかと考えている暇があったら、さっさとアクションを取れ、と言いたいです。...ジャスティン・バトラー

続きを読む

スナップフィットネスが日本マスター

フランチャイズ契約を結ぶ Part1

今回、年中無休24時間フィットネスジムで知られるスナップフィットネスの日本マスターライセンス契約の締結は日本だけでなく、今後の米国スナップフィットネスの世界展開でも明るいニュースとなった。 ミネソタ州に本拠を置くリフトブランドの姉妹ブランドであるスナップフィットネスは

続きを読む

スナップフィットネスが日本マスター

フランチャイズ契約を結ぶ Part2

異文化に対応する繊細なカスタマイズ能力-世界数十カ国で2,000以上の店舗展開をする米Snap Fitnessは、商品サービスチームが異文化に対応するべき繊細なカスタマイズに焦点を当てており、McElroy氏曰く、「挨拶から名刺の提示方法まで」など、より広範な文化的ニュアンスやビジネス習慣に対応するチームの教育にも取り組んでいるという。

続きを読む

再開の準備を全加盟店に呼びかけるXポネンシャル フィットネスCEO

Xポネンシャルフィットネス (Xponential Fitness)はブティックフィットネス 8ブランド、1,500スタジオを全米と海外に展開中の大手フィットネスフランチャイズだ。そのXポネンシャル フィットネス が新しく困難な挑戦をやろうとしている。ビジネス再開の準備である。

続きを読む

クラブピラテスジャパン奮戦記

そしてポストCOVID-19

2019年4月、株式会社 Club Pilates Japanはプレス発表を通じ、 米国Club Pilatesのマスターフランチャイジーとして10年以内に 165スタジオのオープンを目指すと宣言した。簡単に米国Club Pilatesの概要を説明しておこう。

続きを読む

レストラン再開の難問と

新しい正常化の始まり

ジョージア州が先週イートインレストランの再開を含む発表をしたとき、州民のリアクションは「何?早すぎるだろうが」と「ようやくだね!」と 2つの陣営に分かれたのではないか?さらに多くの州や地域が正常化に戻る動きを見せている。

続きを読む

別名ディールメーキングと称されるRFDC

2020年11月9日~11日、Wynn Hotel Las VegasにてRFDC (レストラン・ファイナンス&開発コンフェレンス)が開催される。飲食フランチャイズ関係者には必須のビジネスイベントとして広く知られる。別名「レストランのディールメーカー」と呼ばれるRFDC のオーガナイザーは米国 Franchise Timesである。 2,500人の参加者が集う壮大なイベントである。

続きを読む

レストラン再開の準備を始めよう

州政府がレストラン再開の指示を出すタイミングが近づいている。ジョージア州は4月27日再開という早すぎる発表をしている。いずれにしても、再開に必要な厳しいガイドラインを伴うことは間違いない。今から準備しておけば間際になって慌てることもない。特に、早期の準備は複数店舗を持つ経営者にとって重要だ。州や市によって多少は異なるだろうが、予想される共通のルールについて解説しよう。

続きを読む

コロナ後の力強いオープン、

客を呼び戻す再オープンにするためのプラン

写真の「グランドオープン」のサインとは裏腹に今アメリカのフランチャイズは苦境にある。「スタジオはすべて閉鎖中です。解雇した従業員数は 1,400人になります。ですから、同じ決断をされた加盟店オーナーの痛みは十分に理解できます。」と語るのはDavid Humphre、EC

続きを読む

メイフェザーボクシングがスタジオ閉鎖中に

見出したビジネスチャンス

加盟店オーナーのサラ・マクスピードンはメイフェザーボクシング+フィットネスと18ユニットの多店舗契約を結び、3月14日に1号店をシカゴのダウンタウンに目出度くオープンした。ところが2日後にロックダウンがイリノイ州から発令され、スタジオ内はもぬけの殻となった。「おそらくオ

続きを読む

フランチャイズ トップ200

フランチャイズTOP200+は毎年1回、トップ 500 社の前年度の米国と海外の業績全体を対象に選考します。 1999年以来の原則として5ヶ月間のデータを収集しますが、そのデータ内容は内部からの自己申告情報と公式情報の2つで構成されています。公式情報には最新のFDD (公式フランチャイズ開示情報)と証券取引所の情報が含まれます。

続きを読む

新型コロナウイルスに対抗する

オンライン展示会

MFVエクスポジション社は5月28日〜30日の3日間にわたりインターナショナル・フランチャイズ・エキスポ(International Franchise Exposition) のオンライン展示会を主催すると発表した。 ‍本来の会場予定地だったJavitz Centerは今や臨時の特設病院と化した 。

続きを読む

コロナウイルス禍のレストラン売上データを

読み取る

政府命令によりイートインレストランの大半が閉鎖されている現状では客足の激減は明白だが、客数と売上のダメージを正確に示す具体的な資料は余り開示されていなかった。以下はPOSからデータ分析をデータ分析をするMirus Insight社からのレポートである。

続きを読む

フランチャイズ「チキンサラダチック」が

タイムズ誌のディール・オブ・ザイヤーを受賞

今年2月、チキンサラダチック150店舗目がルイジアナ州バトンルージュ市にグランドオープンした。最初の来店客100人には1年間チキンサラダが無料という特典付きだ。創立者のステイシー・ブラウンは挨拶のたびに涙を流す。

続きを読む

危機管理に有効なヒント集

「シェープアップする?それともコロナに感染する?」日本語にすると伝わり難いが英語だと「Get fit or get coronavirus」となる。しかし、日本語でも英語でも悪印象を与えることは容易に感じとれるのではないか。これをフィットネスキャンペーンの標語にしたいと考えたジム系のフランチャイザーがいたのだが、 Fishman PR会社の広報チームは直ちに否定したという。

続きを読む

無店舗運営のプロが教える

コロナ対策アプローチ

コロナウイルス拡大の真っ只中で店をオープンし続けるなら、通常のやりかたは最早通用しない。ここに紹介するオンライン注文のエキスパート二人は大きな変革を直ちに実施する以外にこの最大の危機を乗り切ることはできないと断言する。

続きを読む
ホームに戻る